40代のオジサンが筋トレを始める理由

筋トレに励む男女 筋トレ
スポンサーリンク

40代になって、これと言った趣味もなくなったし、腹は出てダブついた体になってきたし、上司は厳しく後輩にはあおられるし。きつい日々だわ。。。

大体の40代のおじさん方は、忙しいし責任も重くなっているし、おまけに年齢と共に筋力が衰え、だらしない体になってきている人が多いですね。

そんなおじさんには筋トレをオススメします。

周りの同年代を見回してください。多分半分くらいはダブついているカラダだし、痩せてても痩せているだけって人がほとんどでしょう。

そんな中で筋トレを始めると、3カ月もすれば、自他共に認められる体格になることができます。

スポンサーリンク

40代男性が今から筋トレをはじめる理由

40代のオジサンがいまさら筋トレをはじめる理由はなにか?

2年半前に趣味もなくなって体脂肪ばかりが増える私が筋トレにはまった経験をもとに、40代のおじさんに筋トレを推奨する理由をお伝えします。

結論理由は4つ。

40代おじさんが筋トレを始める理由

① 周りの40代よりも男前感が出る

② 仕事でのもう一踏ん張りができるようになる

③ 「趣味」としての充実感が得られる

④ 来るべき娘の彼氏を迎えるために

最後の一つは人によりますが、わたしのモチベはここです。

【筋トレ理由①】周りの40代よりも男前感が出る

皆さんの周りの40代ってどんな体型ですか?

私の周りはポヨンとした体型がデフォルトで60%、痩せ型が30%、残り10%がシュッとしてる感じ。

鍛えられたイイ体の40代のおじさんってあんまり見ません。

そんなわけで、3ヶ月間、定期的に週2回だけでも筋トレしていると、結構目立ちます。

もちろん、元の体型がどうかもありますが、体脂肪が25−30%程度であれば、3ヶ月でそれほど厳しい食事制限をしなくても20%前後には持っていけます。

半年くらいで見る人が見ると「でかいですね」とか「なんか凄いですね」とか、まじで言われます。

温泉で仲間に言われたり。ジムに一緒に行って言われたり。マッサージ屋で言われたり。スーツの試着で言われたり。先日はインフルエンザの予防接種を会社で受けた時にも「腕凄いですね」とか医者に言われました。

別に顔面がいけてるわけではないですし、こればっかりは整形でもしない限りどうにもなりませんが、体に関してはイケてる感じに近づけるのは可能なんじゃないかと思います。

【筋トレ理由②】仕事でのもう一踏ん張りができるようになる

筋トレってやっぱり体に負荷をかけるので、当然きついです。

限界の10回に到達した時に、あと2回、3回と挑むべきかの葛藤と戦うわけです。

あげられなければ屈辱感と挫折感がやんわりときますし、限界を超えた2回、3回を頑張れば疲労感とともに達成感が得られます。

これって仕事の時のマインドに近いです。

この仕事、この企画、まあこの辺でいいかなって思うのか、もうひと踏ん張り入れ込むのか。

筋トレをやっていると、仕事でも、もうひとつ先をジャッジできるようになるというか、もうひと頑張りが出せるようになります。

あとやっぱり鍛えてるので、体調もすこぶる良いわけです。

健康診断の数字も軒並み様々な数値が安定します。

これはそのまま仕事のパフォーマンスにも影響している感じがします。

【筋トレ理由③】「趣味」としての充実感が得られる

20代、30代の頃は、サーフィン、スノボー、ライブにクラブ(音楽の方ね)、ダーツにギターと様々な趣味がありました。

40代になると家族を養い、子供も成長し、夜遊びもしないと決断して地方の海近くに家を買って、すっかり趣味がなくなりました。

しばらく「あれ、趣味ないや・・・」

ってちょっと寂しい気分になっていました。

でも、筋トレを始めてからは、体の変化の面白さや、筋肉や体の仕組みの奥深さが興味深くてどんどんハマっていきました。

最低週2回の筋トレ。十分に趣味と主張できるものになりました。

精神的にも趣味があるって、とても充実した気分になれます。

【筋トレ理由④】来るべき娘の彼氏を迎えるために

極めて個人的な話ですが、そもそも筋トレをはじめた切っ掛けの一つが、中学になる娘の彼氏がいつか来た時に、なんかいかついオヤジの方がいろんな意味で良いなと思ったからです。

オヤジがひょろひょろでは舐められる可能性があります。

迫力満点の筋肉で、「あ、こんなお父さんの娘だったらふざけた付き合いできないな・・・。」とか思わせたら最高です。

また、筋肉をいかつく身にまとう事で、道を歩いていても舐められない気がします。

もはや、道で絡まれるようなことは年齢的にも無いのですが、ガラの悪い人や生意気なガキに対して筋肉でにらみを利かせられるくらいになると素敵です。

筋トレ理由があれば大丈夫!「何がしたいの?」の問い

筋トレはおススメなことだらけです。

ですが、はじめて1ヶ月くらい経つと、こんなことを言ってくる人が2、3人はいます。

「そんな鍛えて何がしたいの?(笑

これを言われて当初はうろたえましたし、考えさせられた覚えがあります。

言われていた当初は特に返答もせず、気にしないで淡々とやるというモットーでやっていました。

確かに40代の我々にとって、筋トレとかマッチョとかって、ちょっとお笑いでうさんくさいし、筋肉バカなイメージもあるかなって。

3ヶ月も経つと、自分自身の体も変わるし、何より質問してきた人たちよりも明らかにキレた体になっています。

筋トレってさっきも言いましたが、40代に言わせるとちょっとおバカな奴がやるものってイメージがありましたけど、本当に筋トレを極めている方々ってクレバーな人が多いです。

趣味のサーフィン強化のため、サッカーのレベルアップのためとかの、補足的なものとしての筋トレって方がかっこいいかもって思ったりもしましたが、そこは気にしないで自分がいいと思ったことをやるということです。

マッチョな体を作るのは究極の自己管理ですし、その管理ができる人間で仕事ができないわけがないという感じがします。

何言われたって、プヨっとした体よりはキレた体の方が良い。

価値観の問題ですけど、良いか体の方が絶対いいですよね。

実際にマッチョや良い体の人には経営者も多いです。

というわけで、40代男にとって筋トレはお勧めです。 私もまだまだツッコミどころ満載の体ですが、周りの40代よりは違うと言えるようになってきました。

一緒にいけてる40代、理想の50代像を目指して頑張りましょう!

筋トレ
スポンサーリンク
エアサムログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました