MacBookでブルーレイを再生するには|I-O DATAでDVDも再生可能

mac-BD ライフスタイル
スポンサーリンク

MacBookでブルーレイ(BD)を再生したのですが、どうすれば良いですか? とにかくつなげてすぐ再生できるくらいの物がほしいのですが。。。

と、先月まで思っていたくらい、パソコン周辺機器は好きだが、全く機械に強くないわたしです。

とにかくつなげて観る方法早く教えろって方は、目次まで飛んじゃってください!

散々調べて、1度目に買ったブルーレードライブは再生することができずに、返品。

さらに調べて、購入しましたのが、今回ご紹介の「I-O DATA Blu-ray ブルーレイ BDドライブ mac 外付け ポータブル」 と言うものです。

購入して1週間。

今のところ絶好調です。

愛用のMacBookに簡単に接続できて、部屋にこもってBiSHのBD観まくりです。

もちろんDVDも観ることができます。

あたりまえか?

とにかく、わたくし同様、ブルーレイドライブとかよくわからんけど、 MacBookにつなげたらすぐ観れるくらいの感じでサクッとやりたいと思っているあなた。

私が頑張って得た知識を、わたし同様のど素人レベルでわかりやすく解説します。

この記事でわかること!

・MACでBDを再生させるのに最低限必要なものがわかる

・MACでBDを再生させる手順がわかる

パソコン以外に準備するもの

まず結論、この2つを用意です。

用意するもの!

BDドライブ:「I-O DATA ブルーレイドライブ mac 外付け ポータブル」

再生ソフト:「Macgo Blu-ray Player(無料版)」

BDをMacで再生させるためには、パソコン以外に上記2点を準備する必要があります。

2点です。

わたしはBDドライブがあれば全て解決と思っていました。

ダメです。

パソコンにBDを再生させるためのソフトをインストールしないとダメなんですね。

今思えばあたりまえか!?

でも、そんなもんもともとMacに入ってると思ってたし。

多分、DVDだけならMACにもともとソフトが入っているみたいですね。

はい、で、世の中にはいろいろなBDドライブと再生ソフトがあると思いますが、わたしが選んだのは上記2点。

十分素敵に視聴しています。

それでは、再生までの手順をご説明します。

たったの3ステップです。

スポンサーリンク

手順1 「I-O DATA ブルーレイドライブ mac 外付け ポータブル」を買う

いろいろ調べてみましたが、I-O DATA ブルーレイドライブに決めました。

値段、デザイン、Amazonの評価を基準に選びました。

今1週間使用していますが、音も気になりませんし、接続も簡単、画像もしっかりきれいに映ってますので満足しています。

Amazonだと今だけなのかな?

なんと6,980円なんですよね!ラッキー!

ちなみに通常は9,967円です。

今のところ白が6,980円になっています。

箱を開けてみると、四角いI-O DATAブルーレイドライブとUSBのコードが1本。

以上。

シンプルで良い。

このコードを使ってMacとI-O DATAブルーレイドライブをつなげる。

以上で周辺機器(そんなカッコいいもんじゃないか)のセットは完了!

なんか、電源コード(ACアダプターというのかな)もあるようですが、付属はされていません。

Macを電源コードにつなげているので、特に必要ないように思いますね。

問題なく視聴できていますし、電源不足で途中で止まるとかはありません。

Macを電源につなげてないと厳しいのかもしれません。

ドライブはサイズ感もいいですし、音が気になるという人もいますが、ライブ映像や映画をながしてれば全然気になりませんけどね。

強いて難点を言えば、ディスクを入れる部分がちょっと心許ないかな。

手順2 再生ソフト「Macgo Blu-ray Player(無料版)」をインストール

続きまして、パソコンの方に戻ります。

BDを再生するためのソフトをMacにインストールする必要があります。

ネットで下記にアクセスしてください。

「Macgo Blu-ray Player(無料版)」

無料で観たいのであれば無料版ダウンロードをクリックです。

わたしは無料版をダウンロードしました。

有料は本体価格6,900円のところ現在特別価格 4,600円です。

多分違いは、無料版は再生中に画面のど真ん中に「未登録版 表示を消すにはクリックして登録」と白文字で出てきます。ずっと。

これが超嫌な人は有料版ですね。

あとPROというのもあります。

どんなものかは興味ないので知りませんが、できることが2、3多いって感じ。

わたしの目的はとにかく「再生して観る」。

これに尽きますので、無料版で十分です。

で、インストールはともかく下の図の通り左から順にポチポチしてれば入ります。

ダウンロードが完了すると「登録」の画面がPC上に出ますが、これは一旦右下の「キャンセル」で次に進んでOK。

取り敢えず、このアイコンをデスクトップに移しておきました。

次使う時にわからなくなりそうだから。

手順3 あとはBDを入れて再生するだけ

あとは観たいBDを入れれば読み込んで再生されます。

なんか、再生されないなって時はデスクトップに移しておいたこいつをクリックすればOK。

いやあ、めちゃくちゃ綺麗に映るね〜。

満足です。

BDを観るまでの手順おさらい

手順のおさらい

手順1 I-O DATA ブルーレイドライブを購入する
手順2 再生ソフトをインストールする
手順3 BDを入れて再生してみる

手順1 I-O DATA ブルーレイドライブを購入する

今ならこちらがお安いようです!

手順2 再生ソフトをインストールする

「Macgo Blu-ray Player(無料版)」

手順3 BDを入れて再生してみる

わあ、綺麗!

以上終わり。

ライフスタイル
スポンサーリンク
SMELLS LIKE 40s SPIRIT 〜理想の40代男を目指して〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました