BiSH 2020年人気曲 〜Abema楽曲総選挙結果〜

popular BiSH
スポンサーリンク

人気のあるBiSHの曲を教えて!

2020年3月18日にWACKツアーファイナルを無観客でアベマが放送しました。

その際にアベマ楽曲総選挙と称してWACK各グループの人気楽曲の投票がありました。

その結果から今のBiSH人気曲を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

BiSH楽曲総選挙結果

01 オーケストラ 
02 Nothing. 
03 プロミスザスター 
04 本当本気 
05 My landscape 
06 stereo future 
07 サラバかな 
08 FOR HiM 
09 beautifulさ 
10 Story Brighter 
11 Primitive 
12 ヒーローワナビー 
13 My distinction 
14 リズム 
15 HiDE the BLUE 
16 I am me. 
17 PAiNT it BLACK 
18 Marionette 
19 SMACK baby SMACK 
20 ウォント 

メンバー曰くは、上位に来ると思われた「NON TiE-UP」などが入っておらず、今回の投票はBiSHオモテの楽曲投票であろうと言う感想でした。

それでは上位の5位までの楽曲を見ていきましょう。

1位 オーケストラ

BiSH / オーケストラ[OFFICIAL VIDEO]

誰もが納得の1位。

この曲でBiSHを世に知らしめたとのメンバー認識も強いです。

私がBiSH布教をしている40代オジサンたちも軒並み「オーケストラ」が《好き》になるレベルじゃなく、泥沼化している人多数です。

BiSHはアイドルファンはもちろんロックファンも多いと思いますが、そのどちらにも良いと言わせる破壊力のある曲が「オーケストラ」でしょう。

なんと言っても冒頭からのもっとも破壊力のあるツートップのチッチ&アイナの攻防が最高ですし、畳み掛けるアユニのボーカルも効いています。

最近布教したオジサンたちは「オーケストラ」が大好きですけど、有名な「オーケストラ騒動」については殆ど知りません。

この話も最高に興味深いので、まだ知らない人は是非映像の方でチェックをおすすめします。さらなる泥沼化間違いなしです。

因みにアイナの1位予測は「しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。」

メンバーからは「ぴらぴろ」との予測も。いずれもマニアックで良いです。

2位 Nothing.

BiSH / Nothing.[OFFICIAL VIDEO]

これは非常に予想外だったのとメンバーのリアクション。

MVで観た人が多いとチッチは予測。

隠れた名曲として納得しているようです。

アイナは一番違和感を感じているようで、一人が500票入れたんじゃないかまで言っていましたね。そんなことはないと思いますねど。。

1位のオーケストラとの票はたったの5票でした。

この辺が2位に入ってくるあたりが、新旧含め本当に「清掃員」が選んでいる、オモテの票という感じがします。

この曲は、BiSの後を受け継ぎ、BiSとは違う道をチーム一丸で歩んで行こうとする心意気の歌詞とメロディが清掃員の心を掴みます。

また、BiSのFiNAL DANCEの振り付けを挟んだりしてレスペクトも感じます。

Nothing.については下記の記事でも書かせていただきましたので、よろしければ覗いてください。

3位 プロミスザスター

BiSH / プロミスザスター[OFFICIAL VIDEO]

メンバー的にはもっと上位だと思っていたようです。

テレビでのパフォーマンスがもっとも多いのもこの曲。

もしかすると世の中的にはこの曲が事実上の1位かもしれませんね。

サウンドプロデューサーの松隈ケンタ氏もWACKで数ある曲を作ってきた中でも、もっとも誇れる曲の一つとして取り上げています。

それもそのはず、所属事務所WACK渡辺社長からはオーケストラを超える曲を作って欲しいと依頼され悩み抜いた結果完成した、キャッチーだけでなく技巧的要素も満載の1曲です。

こちらの記事でもいろいろ書かせていただきました。 よろしければ是非!

4位 本当本気

BiSH / 本当本気[OFFICIAL VIDEO]

アユニが初めて手掛けた作詞曲。

メンバー的には少し意外だったようですが、アユニ曰く若者に共感されたのでは?との感想。

私も娘が元気のない時に送るBiSH曲としてこの曲を教えてあげたりました。

が、映像はなかなか刺激的。

渋谷の街中でヤンチャして、アイナのダンスはいつも以上に激しく、チッチは妙に(ボールの舐め方とか)艶かしい。

そして、アイナとチッチのキスシーンや終盤のタンクトップでペイントを浴びるシーンなどなど。

歌詞の内容とのリンクが今ひとつオジサンには分かりにくかったですが、クラスのコミュ障も殻を破って弾けられると言うことが表現されているのかもしれません。

この頃のアユニはまだまだ初々しいですが、PEDROなどの活動を経て実にたくましくカッコよく成長しています。

5位 My landscape

BiSH / My landscape[OFFICIAL VIDEO]

メンバー的にも納得の5位入選。

アユニはプロモがかっこいいと言及しています。

某番組で坂上忍がこのアイナの歌声でコロっとヤラレテいましたね。

5位以内のエントリーは特にオーケストラ、プロミスザスターそしてこのMy landscapeは非常にストリングスが効いています。

サウンドプロデューサーの松隈ケンタ氏曰く、アイナの声とストリングスの組み合わせが発明だと思ったのが、この「My landscape」と「プロミスザスター」だったと述べています。

優しいストリングスの音に、アイナのトゲトゲした声が非常に合うということで、その辺も着目して聴くと楽しめますね。

と言うわけで、「NON TiE-UP」のエントリー外も意外でしたが、アンセム曲と言われる「BiSH-星が瞬く夜に-」も20位にも入っていないという結果でした。

このリストでセトリを組んでも良いかもとのメンバー言及もありました。

Apple MusicでのBiSH人気楽曲ベスト5

ちなみにApple Musicのトップソングを見てみると、2020年3月現在は下記のような順位でした。

01 プロミスザスター 
02 オーケストラ 
03 My landscape 
04 BiSH-星が瞬く夜に- 
05 Distance 

世の中的にはこちらの順位の方がしっくりくるのでしょうかね。

BiSH
スポンサーリンク
SMELLS LIKE 40s SPIRIT 〜理想の40代男を目指して〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました