BiSHおすすめライブDVDまとめ2017年 〜初の幕張ライブ到達〜

live2017 BiSH
スポンサーリンク

メジャーデビューから2年目の2017年の販売されているBiSHライブ映像をご紹介します。

2017年はアイナの喉の手術も無事成功して、初の幕張単独ライブを実現した年でした。2017年の映像は全部で6本です。それぞれのライブの特徴などまとめましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

5. BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL @ZEPP TOKYO 

BiSH / NEVERMiND TOUR FiNAL @ ZEPP TOKYO[ダイジェスト映像]

2017年6月28日発売のミニアルバム「GiANT KiLLERS」に収録の2017年3月19日に開催されたZEPP TOKYOでのツアーファイナル。

このツアーはアイナの喉の手術から復帰後、1月よりスタートした4度目の全国ツアー。

ちなみにアイナ復活で最初に試しで歌った曲はカラオケで歌ったSMAPの「世界に一つだけの花」だそうです。

この時からサウンドプロデューサーである松隈ケンタ率いる、鬼バンドがツアーに同行しています

アイナ曰くはこれまで色々と指示をされながらやることには慣れていたけれど、バンドを引き連れてフロントマンとして指揮をとることが非常に難しかったと振り返っています。

2017.03.19 @ZEPP TOKYO
BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL
01 Am I FRENZY??
02 DEADMAN
03 OTNK
04 ウォント
05 本当本気
06 Hey gate
07 ファーストキッチンライフ
08 デパーチャーズ
09 DA DANCE!!
10 Primitive
11 My distinction
12 サラバかな
13 スパーク
14 Stairway to me
15 ヒーローワナビー
16 MONSTERS
17 beautifulさ
18 ぴらぴろ
19 オーケストラ
<ENCORE>
20 プロミスザスター
21 ALL YOU NEED IS LOVE
22 BiSH-星が瞬く夜に-
23 BiSH-星が瞬く夜に-

6. BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS” @幕張メッセベントホール

BiSH / BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL "REVOLUTiONS"[ダイジェスト映像]

2017年11月1日に発売されたライブ映像は、2017年7月22日に幕張メッセで開催されたツアーファーナル。

このブログでも何度か取り上げさせていただいた、BiSHにとっても大きな通過点の一つのライブだったと思います。

デビュー時点ですでに幕張のライブ会場を押さえてたという渡辺氏の度量にも驚きます。

このツアーの最初ではWACK(BiSH所属の事務所)合同オーディションで名曲「オーケストラ」がWACK所属グループのBiSに奪われると言う自体も起きたりと、波乱の幕開けでしたが、このツアーファイナルの最初の曲が無事(すぐ)戻ってきた「オーケストラ」というのも粋でした。

このライブに関しては他の記事でもご紹介をさせていただいていますので参考まで。

BiSHのエモすぎる映像3選〜アイドルに関心なかったのに・・・とウソぶくオヤジ用〜

BiSHアイナ・ジ・エンドはハスキーボイスではない 〜幕張ライブ”REVOLUTIiONS”にみるBiSHの力量〜

2017.07.22 @幕張メッセイベントホール
BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL "REVOLUTiONS" 
01 オーケストラ
02 社会のルール
03 DEADMAN
04 Marionette
05 ウォント
06 本当本気
07 DA DANCE!!
08 ヒーローワナビー
09 VOMiT SONG
10 Nothing.
11 スパーク
12 サラバかな
13 ALL YOU NEED IS LOVE
14 MONSTERS
15 OTNK
16 beautifulさ
17 GiANT KiLLERS
18 BiSH-星が瞬く夜に-
<Encore>
19 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
20 プロミスザスター
21 生きててよかったというのなら

7. YOYOGi GiANT KiLLERS @YOYOGI PARK

6月28日にミニアルバム「GiANT KiLLERS」をリリースした際に代々木公園野外ステージで開催されたフリーライブ「YOYOGi GiANT KiLLERS」。

この映像は2枚目のメジャーアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」に収録されています。

このアルバムにはこの後に紹介する「TOKYO BiSH SHiNE 3」の2本のライブ映像が収録されています。

ライブはミニアルバム収録曲を「GiANT KiLLERS」から始まり、ビジュアル系バンド的サウンドがオヤジにも刺さる「Marionette」や、解散したBiSへのアンサーソングとしてモモコが作詞をしたエモ曲「Nothing.」に続き、「社会のルール」「VOMiT SONG」と披露。

そして、この前の章で紹介した7月22日に開催の千葉・幕張イベントホールでの単独公演を行うことを告知しました。

ミニアルバム「GiANT KiLLERS」のタイトルは「番狂わせ」「大物に立ち向かっていく」といった意味が込められていると説明。

幕張での意気込みを宣言して「プロミスザスター」を披露し、「サラバかな」そして清掃員も大熱狂の中「BiSH-星が瞬く夜に-」で幕を下ろしました。

2017.06.28 @YOYOGI PARK
YOYOGi GiANT KiLLERS
01 GiANT KiLLERS
02 Marionette
03 Nothing.
04 社会のルール
05 VOMiT SONG
06 プロミスザスター
07 サラバかな
08 BiSH-星が瞬く夜に-

8. TOKYO BiSH SHiNE 3 @ZEPP TOKYO

同じく、アルバム「THE GUERRiLLA BiSH」には8月23日に3年目のフリーライブ「TOKYO BiSH SHiNE3」(TBS)の模様も収録されています。

TBSはもともと「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」の2日目の出演を「アーティスット側の事情」でキャンセルしたことがきっかけで開催されたイベントでした。

TIFの運営方針とBiSHの事務所であるWACKの考え方と盛り上がりすぎた観客への対処などが絡み出演がキャンセルとなったのだと思いますが、このZepp Tokyoで開催された「TOKYO BiSH SHiNE3」でもダイブ、リフト、サーフの禁止が徹底してアナウンスされていました

ダイブやリフトはロックライブでは醍醐味かもしれませんが、個人的にはまあどうでも良いという感じです、運営側としては数万人を動員するフェスでは大事故も起こった経緯もあるので、慎重にはなるだろうなとは思います。

TBSでは重大発表が恒例となっており、初回TBSではハシヤスメ・アツコとリンリンのお披露目があり、その翌年がアユニ・Dのお披露目がありました。

そしてこのTBS3では冒頭で渡辺社長よりWACKとavexの共同プロジェクトとして「EMPiRE」の活動宣言がされました

2017.08.23 @ZEPP TOKYO
TOKYO BiSH SHiNE 3
01 SCHOOL GIRLS,BANG BANG
02 GiANT KiLLERS
03 VOMiT SONG
04 デパーチャーズ
05 OTNK
06 社会のルール
07 Is this call??
08 スパーク
09 Primitive
10 ぴらぴろ
11 MONSTERS
12 Marionette
13 Nothing.
14 ALL YOU NEED IS LOVE
15 beautifulさ
-ENCORE-
16 BiSH-星が瞬く夜に-

9. THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH @Roppongi Hills Arena

ニューアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」の発売日の2017年11月29日に、六本木ヒルズアリーナで「THE けやき GUERRiLLA BiSH」を開催しました。

この映像はメジャー3枚目のシングル「PAiNT it BLACK」に収録されています。

ライブは6曲披露のゲリラミニライブ。

当日朝に生出演した日本テレビ『スッキリ』で告知し、SNSでも拡散され2000人が集結しました

因みにテレビでの披露曲は「My landscape」。

大型ハマーリムジンで会場に乗り付け黒人SPにサポートされながらレッドカーペットを歩きステージに立ちました。

そして、ゲリラライブの後、12月1日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し、ここでまた「Mステ新規」と呼ばれる多くの清掃員(ファン)を獲得しました。

またこちらのディスクには、各メンバーが「1番会いたい人に会いに行く」という企画のもと制作された、「JAM」という曲のMVで各メンバーごとのバージョンが映像に収められています。

2017.11.29 @Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
01 My landscape
02 SMACK baby SMACK
03 プロミスザスター
04 FOR HiM
05 GiANT KiLLERS
06 BiSH-星が瞬く夜に-

以上BiSH快進撃の2年目映像集ご紹介でした。

お勧めはやはりBiSHのターニングポイントでもあったBiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS” ですかね。是非エモーショナルなライブを堪能ください。

2016年から2020年までのライブ映像作品はこちらの記事にまとめています。

【お父さん向け】外付けポータブルBDが良い感じ

ところでわたくし47歳のお父さん的には、リビングの大画面でBiSHのライブを観るには家族もいてなかなか難しかったりします。

そこで、購入したのが外付けのポータブルBD/DVDプレイヤーです!

これをMAC BOOKに接続して、部屋でいつでも見放題です。

非常におすすめなので、おなじような環境のお父さんにおすすめします!

BiSH
スポンサーリンク
SMELLS LIKE 40s SPIRIT 〜理想の40代男を目指して〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました